相手の話を聞こう

相手の話を聞くことは大事ですね。
それをしないことには始まらない。
自分の話ばかりしていては相手の気持ちがわからないのは当たり前です。
それだけでなく、質問をしていくのも大事。

例えば、悪い例を

自分:どこ出身ですか?
相手:千葉です。自分:僕は東京です。東京の○○でして・・・・

いけませんね。
相手がメインなのに貴方がメインになっています。

もう一つ悪い例を

自分:出身どこですか?
相手:千葉です。
自分:趣味はなんですか?
相手:映画鑑賞です。自分:好きな食べ物は?

これではただの質問ですね。

そこでどうするか?

自分:出身どこですか?相手:千葉です。
自分:成田空港あるところですよね?空港から近いのですか?
相手:いえ。市川なのでそんな近くはないですね。
自分:市川?ディズニーランド近いじゃないですかあ

このように相手の話を聞いた上でどんどん一つの話題に食いついていきましょう。
そうすれば相手もどんどん話してくれます。
相手の話を聞くことと、短絡的な質問をしないこと

絶対にしてはいけないのは自分の話ばかりすることです。
自分そうだよって方は気をつけましょう。